硫黄川沿い遊歩道

 ポイント
 現在登山道を造成中で、最上リフトの山頂駅まで道が完成している。山頂へ立つには残雪期狙いになる。登山口は花園温泉、ヒュッテワイス、硫黄川沿いの遊歩道からの3つがある。硫黄川の渡渉は橋がないので注意。
 国土地理院の地形図  GPSトラックは山の地図帳「2012.6.5」へ  周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 倶知安ニセコ(道道58号)線で倶知安町からニセコに向かう途中に、「ニセコワイススキー場」へ入る道があり右折する。その道を辿ると、左手に大沼へ抜ける硫黄川沿いの遊歩道があり硫黄川の登山口になる。
 ニセコ林道コース(H24.6.5 登り1:52 下り1:34) GPSトラックは「2012.6.5」の地図帖へ
 ニセコ林道の入口付近には駐車スペースがあるが、タケノコ採りの人達の車で溢れていた。まだ、残雪の白いアンヌプリを見ながら砂利道を辿って行く。以前、硫黄川沿いの遊歩道の入口には、お花畑の道標や、登山届けがあったが無くなっていた。
ニセコ林道へ アンヌプリ 砂利道を 入口
 少し荒れた遊歩道を入ると、いきなり倒木があり交わして中に入る。道端には、花が少なくノビネチドリが咲いているだけだった。\硫黄川は雪解け水で、音を立てて流れていた。遊歩道脇には雪も残っていた。雪解け水でぬかるんだ遊歩道を辿って行くと、ワイスホルンの登山道が分岐して行く。
ノビオネチドリ 硫黄川 残雪が ワイス分岐
 ワイスホルンの登山道に入ると、小川の様になっていた。飛び越えて、何とか渡渉地点に辿り着くが、渡渉地点の川の水が多く、飛び石伝いにも行けず断念する。分岐まで引き返し、大沼を目指すことにする。
渡渉地点 対岸の登山道 引き返す 大沼方向へ
 遊歩道の状態は一段と悪くなるが、行く手に雪の残るワイスホルンの尾根が見えて来る。水浸しの遊歩道を辿って行くと、 984m峰からワイスホルンの尾根が見えて来る。イワオヌプリも見え出し、遊歩道が平らになると、沼の様な状態になってしまうので引き返す。
ワイスホルンの尾根が 水浸しの道を辿る ワイスホルンが イワオヌプリ
 帰りがけに、今まで切れ切れに見えていたワイスホルンが一望出来た。
                     ←大
                    984m峰         ワイスホルン   1030m峰
 雪解け水が滝の様に遊歩道に流れている所もあり、嵌らないように気付けるが落ち葉の落とし穴に嵌ってしまう。ワイスホルンの分岐に辿り着き、イワオヌプリを振り返り、引き返す。
滝の様に 硫黄川 ワイス分岐 イワオヌプリ

  

 記録 (遊びの時間含む)
 2012年6月5日(火)  晴れ 雪上車スキー場コース 登り1:52 下り1:34(タケノコ採りに嵌る)
 8:28駐車場所→8:43遊歩道入口→9:21ワイス分岐→9:32渡渉地点引き返し→9:38ワイス分岐→10:00引き返し地点)
110:32ワイス分岐→11:40遊歩道入口→111:57駐車場所