前田森林公園(最高地点10m 平地5m)
コース 外周 内周
時計回り 反時計回り 時計回り 反時計回り

 アクセス
 冬期は新川側駐車場が開いているので停める(除雪は1月5日頃から)。南駐車場は土日祝祭日が開放されているようだ。公園内には、年明けから歩道や歩くスキーコース、雪上パークゴルフ、スノーモビルが開放されている。歩くスキーコースは反時計回りになっている。前田森林公園の冬期HP
国土地理院の地形図   周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
外周コース 
 時計回りコース 2015(H27)年1月21日(ウロコ板スキー 一周1時間7分) 
 駐車場はきれいに除雪され、遠くに手稲山も見えていた。駐車場から時計回りに辿ろうと、手稲山を見ながら新雪の上を辿って行く。カナールの壁滝の上から、カナールを見ると散歩と歩くスキーコースが回りを取り囲んでいた。角度が変ると、銭函天狗山も見えて来る。
駐車場 手稲山 カナール 銭函天狗山
 針葉樹の林の中は、今朝降った雪が枝に積もっていて、何時落ちて来るか分からず足早に通り過ぎる。広葉樹の林は葉が無いので、整然と植えられているのが良く分かる。林の中には、ウバユリの種が弾けた殻が、雪を溜めていた。カナール越しに手稲山を見ようと展望ラウンジを目指す。
バクダン 整然と植えられた ウバユリ 展望ラウンジ
 展望ラウンジからはカナールの延長線上に手稲山が良く見えていた。展望ラウンジから外回りをすると、歩くスキーコースの邪魔になるようなのでコースを外す。角度が変ると奥手稲山が見えて来る。公園事務に近づくと、雪上パークゴルフコースがある。最後に、広場から手稲山を望んで、駐車場近くの林に入るとシラカバ林とその影が綺麗だった。
手稲山 奥手稲山 手稲山 シラカバ林
 反時計回りコース 2013(H25)年12月25日(ウロコ板スキー 一周41分) 
 駐車場は除雪されているのかいないのか分からない状態だったが、駐車するのには支障はなかった。時計と反対回りでスキーを進める。管理棟は冬でも機能しているようだ。管理棟の近くにある案内板で、ルートを確認して、展望ラウンジに向かう。
駐車場 管理棟 案内図 展望ラウンジ
 展望ラウンジから手稲山を望むと、ポプラ並木に挟まれたカナールの真正面に手稲山が見える。
                     ←大
カナールと手稲山
 藤棚のある大パーゴラ越しに展望ラウンジを振り返り、公園の縁を進む。途中にある東屋は、利用可能な状態だった。カナールの南端に到着すると、壁泉はただの石垣に、カナールは改修が終わったのか雪に埋もれ、その先に、展望ラウンジが見えていた。
大パーゴラ 東屋 壁泉 カナール
 
内周コース 
 半時計回りコース 2017(H29)年3月8日(ウロコ板スキー 一周25分) 
 今日は、カナールを一周しようと、駐車場から壁泉を目指す。カナールに沿って歩くスキーのコースがあるようだが、コロカンスタイルの男性達が滑走していたので、ポプラ並木の間に延びている歩行者用の通路を辿る。カナールを過ぎて、歩くスキーコースを横切り、展望ラウンジに登って行く。展望ラウンジから手稲山を眺める。
壁泉 ポプラ並木 展望ラウンジ 手稲山
 展望ラウンジからは、ポプラ並木に挟まれたカナールの真正面に手稲山が見える。歩くスキーコースもカナールを大きく一周しているようだ。
                     ←大
カナールと手稲山
 帰りは大パーゴラの横を通って、カナールに下りる。カナールの中を辿って見ようと、真ん中を歩くが、終わって見て真っすぐ歩いたつもりが、左右にブレていた。
大パーゴラ カナール カナールの中を 振り返る

  

 記録
 2017(H29)年3月8日(水) 晴れ ウロコ板スキー 内周半時計回り 一周25分
 2015(H27)年1月21日(水) 晴れ ウロコ板スキー 外周時計回り 一周1時間7分
 2013(H25)年12月25日(水) 曇り ウロコ板スキー 外周反時計回り 一周41分